« データ入力依頼→納品まで | トップページ | アンケート処理入力 廉価の理由 »

2005年11月 1日 (火)

中津川市方言(岐阜県東美濃)

JigeSyutyou Hougen2中津川市に帰った友、加藤興二氏からある小さな本を贈ってもらった。これがそれだ。なつかしい言葉がたくさん並んでいる。

じげのことば作者は、岐阜県可児郡御岳町中2348-24古田企画

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ
 

この本を見ると、私の考えていたと同じことを考える人がいる、感慨ひとしおである。

岐阜県東濃「中津川方言」 一度ごらんください。 こちらは、私の収集した方言である。00004 

バックグランド音楽もつけて大サービス。若いころの記憶をたどって集めた言葉を並べてみました。使い方もあり、地元出身の年配者には、かなり楽しめるようになっている。

東濃、JR中央西線の多治見、釜戸、瑞浪、大井恵那、美濃坂本、中津川、落合、坂下。旧中仙道の馬籠、山口、妻籠。苗木、美濃福岡など北恵那線沿線(後に名鉄が買収)、こっち方面まで、方言はほぼ同じ。ものは試し、ごらんください。

大学に入ったばかりの昭和34年春、氏家町黒須病院で外科医していた兄が入学記念にと磐梯国立公園、会津辺りをドライブに夫婦で連れて行ってくれた。二人には子供がいないので、15歳違いの弟が間に入ることができたのだろう。

小さい湖、桧原湖を背景に私が兄と兄嫁を写真に撮ろうとした。二人が離れていたので「ひっついて!」と叫んだら、兄が「くっつく、という方言だ」東京生まれの兄嫁に説明していた。私は、方言なんか使っていないと思っていたが、いろいろ指摘された。15年分、兄も東京にいる間に方言を指摘されたんだろう。

00009hougenn きいない→黄色い …やに→…ですよ どべ→ラスト ペケ→バツ印 けっこう、この方言で夫婦の会話が盛り上がった。

方言が時代と共に消えていくとは思わなかった。ところが、テレビが普及すると、若い子たちが年寄りと話はしないし、仲間内としか話さないようになって、消えた方言がずいぶんあるらしい。

歴史の故郷ブログ

歴史の鼓動 夜明け前の町  泉町 大林寺  ロマン薫る 日本大正村 明智町  歴史を生かした町おこし

Honmachi3467_2_1写真は、本町通り

同窓専門チャンネル

 昭和21年幼稚園 卒園(中津川市)  初恋の人  かわら版 中津川市  生活綴り方教育

高校同窓専門チャンネル

 同級中津高校、中津在OB  人生の放課後 中津高校9回生

Ochiai3371_1

中学同窓専門チャンネル

 中学3年の初夏  がんばれ、太利先生! 3年5組の同窓生 中津川市立第二中学同窓会  中学同窓会 5月3日  中学生議会と生徒会長  恩師オン歳90歳

最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

|

« データ入力依頼→納品まで | トップページ | アンケート処理入力 廉価の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« データ入力依頼→納品まで | トップページ | アンケート処理入力 廉価の理由 »