« 風呂敷の日本文化 | トップページ | インターネット創生期 »

2005年11月28日 (月)

中津川市美濃 わが町史跡

わが町中津川市周辺の史跡をよくまとめて、楽しく、わかりやすいホームページを見つけた。http://nakasnp1.hp.infoseek.co.jp/Mino021.htm  ホームページから図、写真もお借りしました。紹介します。

Mino0211美濃の国「中津川宿」は中山道通りでも、木曽一帯の統治には重要な要衝であった。木曾は親藩尾張の木材生産地であり、ここの出荷が藩の基盤であったと考えられる。中津川には尾張藩代官が派遣されていた。Mino0214 

読み始めたら、ここで木戸銭クリックしてね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ

中津川は、中仙道の街道筋(左図赤線)であったから、物や人の通行が多く、今の中央高速道路の役割を果たしていた。今は車が通過してしまうが、昔は、車中泊なんてないから、必ず旅籠に泊っただろう。そこには、いっぱいエピソードもあっただろうし、お金も落とされていたはず。

IMG_8966 高札場は、時の政府の命令、規則等が書かれたところ。テレビなど情報伝達手段がない時、ここが官報の役割を果たした。中津川宿、中仙道の突き当たり、茶屋坂の手前に高札場はあった。(ただし、復元されたもの)

IMG_9012江戸時代の映像が残っているはずもないから、それは想像する しかない。残された史跡を見て歩けば、50年やそこらの年月では刻みきれないたくさんの事実が発見できる。ただの観光とは違う。それが歴史だ。この家は、私の子供のころは曽我さんといったが、明治まで中津川の庄屋を勤めた肥田家のものである。以下参考http://members.jcom.home.ne.jp/4119094901/History/HistoryHonnmachi.htm

IMG_9045中津の町に入ったところで、中仙道は急に曲がる。桝形(恵那奈山道標、川上屋の角。上の地図参照)といって、戦略的に見通しがきかないように道が作られている。その曲がり角、間酒造の家を写真で右に行き、もう一度右に曲がって中津の宿場になる。

http://nakasanp.hp.infoseek.co.jp/Dmino021.htm

http://nakasnp1.hp.infoseek.co.jp/ よくできたホームページで敬服する。

お菓子の町中津川市  本町界隈  間家大正蔵  中川 鮮さん 前中津川市長  玉蔵橋(木曽川  全国夫婦岩1位 春うらら 雑談、ムダ話の効用  冬、来りなば 楽しめる方言集  「みかんの花咲く丘」が歌われた頃    歴史の町中津川市 

★最後まで読んだついでにクリックにも協力してね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ 

|

« 風呂敷の日本文化 | トップページ | インターネット創生期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風呂敷の日本文化 | トップページ | インターネット創生期 »